2006年02月22日

CLANNAD 光見守る坂道で―Official Another Story |Key /ごとP

CLANNAD 光見守る坂道で―Official Another StoryCLANNAD 光見守る坂道で―Official Another Story
Key /ごとP
メディアワークス 刊
発売日 2005-11-25




さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by 六津 at 00:58| Comment(19) | TrackBack(1) | 攻略本1-10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンスターハンターG 公式ガイドブック |ファミ通

モンスターハンターG 公式ガイドブックモンスターハンターG 公式ガイドブック
ファミ通
エンターブレイン 刊
発売日 2005-05-26



データ量がすごい 2005-06-12
良い所
・Gで追加されたリペイント飛竜のデータおよびキリンの
 データを収録(黒竜はシークレット)
・スキル『切れ味レベル+1』発動時の切れ味データ
・スキル『反動軽減+1』や『幸運』等の効果を、
 データで分かりやすく解説
・訓練所モードで採取できるアイテムと確率
・全飛竜のキングサイズの写真付き
 他多数悪い所
・採取アイテムの採れる場所をマップ上に示していない
・武器強化フローチャートが見づらい
 (本から切り離す事に抵抗が無ければ問題なし)
・本が分厚すぎて使いづらいし、重い当初4月発売予定でしたが、最終的には5月末にやっと発売されました。不満な点もありますが、自分が欲しかったデータはほとんど網羅されているので、総合的には星5つです。Gでは弱点が変わった飛竜(ドスガレオス等)もいますので、一読しておくと良いでしょう。

発売が遅すぎる! 2005-05-26
ソフトの発売日が1月20日で本書は5月26日発売。
コレではいくらなんでも遅すぎる。
遅くとも4月下旬から5月上旬に出しておくべきだろう。
イベントクエストに配慮してのことであれば、まだうなづけるのだが
本書には簡単に4つ紹介というなんともお粗末な内容だった。
前作版同様、黒龍の詳細なデータに関しては未収録である。
ネットの攻略サイトでは本書を上回る量の攻略データが公開されている。
メーカー側の意向なのかは分からないが、ネットの広がっている今、情報を隠すことに意味はあるのかと感じてしまう。
前作版に比べて、倍近い厚さを誇る本書の利用価値は極めて低いといえるだろう。
唯一気に入っている点は、カバーデザインが前作版と統一されている点です。

前作の本と一緒に使うと良い! 2005-05-25
厚くなったのは良いが、○ルティマニアのような見づらさがあり、攻略本としての評価は低い。ポスター風の武器強化チャートは個人的に気に入ってます。(^_^)b


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 六津 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 攻略本1-10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PS2版 テイルズ オブ シンフォニア 公式コンプリートガイド |キュービスト

PS2版 テイルズ オブ シンフォニア 公式コンプリートガイドPS2版 テイルズ オブ シンフォニア 公式コンプリートガイド
キュービスト
ナムコ 刊
発売日 2004-10-26



多少の間違いを除けば…。 2005-09-24
 少し間違いや説明不足な点があるものの、それらを除けばまあまあな作品だと思う。ただ、もっとも残念なのが、人名辞典のようなものが存在しなかったこと。そして、最も評価すべき点は、世界観や、ユグドラシルの人物像や、歴史などの細かな設定に触れていた点である。
 でも、総合的に判断すれば、やはり攻略本はファミ通時代のほうがよかった気がするのだが。

値段に見合う内容では・・・ 2005-03-22
この攻略本、ページ数は460余りとボリュームはかなりのものです。
ですが攻略本としての内容は平凡で、特に個人的に不満だったのは
・キャラクターごとのコンボレシピや、術の基本詠唱時間が載っていない
・技・術・Exスキルの説明がゲーム内の説明とほぼ同様(攻撃力が何%上昇、何秒持続などの具体的説明が無い)
以上の2点でしょうか他のデータもネット上の攻略サイトと同程度のもので、
インターネット環境の整った人にはあまり必要性は感じられないかもしれません。
(こちらは無料で閲覧できますし)ただ、ダンジョン攻略だけは図がある分、攻略本のほうが見やすいかも。
キャラ紹介や設定資料等は少しだけなので期待しないほうがいいです。

いやぁ・・・完全に良い本ってないもんですね。 2005-03-12
確かに良い。良いけれども・・・用語集はついてないし、間違いが多いし(私がもってるのは初版ですが)、カバーのミニキャラは可愛くともテイルズ公式攻略のイメージじゃないし、キャラクター紹介のところがつっこみが甘い!せめてエターニアくらいキャラの深くを語って欲しかった。
まぁ、攻略に関してはほぼ完璧なのでしょうね。ダンジョン攻略は詳しく書いてあるし、ボス攻略法もまぁまぁでしょう。少し図が見づらいのはご愛嬌。最後のほうのページのミトスの話は良かったです。ミトスがあの行動に至った理由がわかります。
と、前半なんか結構な言いようでしたが、かなりおすすめなんです!!えぇ、本当に。カジノのチップの貯めかたまで載ってるし。あれ一冊あるとシンフォニアを深くプレイできること間違いなしです!!


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 六津 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 攻略本1-10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイレン 公式パーフェクトガイド

サイレン 公式パーフェクトガイドサイレン 公式パーフェクトガイド

エンターブレイン 刊
発売日 2003-12



コレを買えば、楽にクリアできるかも。 2005-07-29
こちらの本の長所は、なんといっても屍人の配置図。
こちらは絶対に役に立つと思います。何せ、屍人のいる
地点は元より、プレイヤーの居る地点ですら表示してくれない
酷なゲームですから、これは役立つ事必至です。
後半には羽生蛇異聞なんかの、ネット掲載物も選り抜きで
掲載されてありますし、クリアした方でも良いかも。
最後まで謎な事も解説してあります。きっと胸の痞えが
とれるはず。惜しむらくは、誤字脱字が切ないほどあった事です。
多分コレは読み始めてすぐに気づくと思います。
まあ、誤字も楽しむつもりで買ってみてください。牧野大好きだぁぁ!!

これは・・・。 2005-06-13
本日、ここに告白致します。当方は以前から、ゲームは自力で攻略してこそ甲斐がある、と自惚れておりました。ところが、さすがに今回だけは・・・。今回のsrenは「視界が暗く、見づらい」だけでなく、「マップそれ自体が存在しない」という、ある意味で「目隠し状態」なので、1面からいきなり「ここは何処?私は誰?」モードに突入。「敵は不死身でプレイヤーは非力」、「現在地は不明」とくれば、もう買うしかない。せっかくゲームを買っちゃったんだから仕方がない。・・・、そして届いた本書。ペラペラやってるうちに思わず目頭が熱くなる。「これだよ・・・、これを待ってたんだよ・・・。」そういう訳で、悩むだけ時間の無駄なんでさっさと見るべし。ある意味、本書を入手してからが本当の戦いなのだから。実際、この本を読んでも、依然、我々は圧倒的に不利な立場にいるのだから。

見やすい攻略本!! 2005-03-21
サイレンをやっていてネットの情報も見たのですが、やっぱりもっと詳しい情報が欲しいと思い、この攻略本を買いました。攻略方法が詳しく書かれていることはもちろん、キャラクター1人1人のプロフィールも分かりやすく載っていたので、とても満足です。サイレンをやる時はこの攻略本を読んでみてください。もっとサイレンが楽しくなるはずです。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 六津 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 攻略本1-10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SIREN MANIACS(サイレン マニアックス)-サイレン公式完全解析本-

SIREN MANIACS(サイレン マニアックス)-サイレン公式完全解析本-SIREN MANIACS(サイレン マニアックス)-サイレン公式完全解析本-

ソフトバンククリエイティブ 刊
発売日 2004-05-10



凄いですよ。これ。 2005-11-05
幻の一冊です。
この本は、出版元の週間ザ・プレイステーションが休刊しており、事実上の絶版状態で、現在、非常に手に入れるのが難しいです。
「SIREN」のファンなら、古本屋ででも見かけたら是が非でも入手しておくべきと思います。
既に入手している人は、なかなか手放さないと思います。
その理由としては、内容の濃さ、深さがあげられます。ゲームをプレイして疑問に思ったところが、ほぼ100%解明します。
私は、「前田知子」と「八尾比沙子」の行動にどうにも腑に落ちない所があり、ゲームが終わっても欲求不満がかなりあったのですが、この本を読んで、ああそういうことだったのかと納得することができました。
全部読むのに3時間以上、内容充実、オススメです。
(でも最後の漫画は確かにいらないと思います。)

買って損はないです。 2005-09-10
私はまだクリアしてないときに買ったのですが、それでも十分面白かったです。
キャラクターの紹介や、アーカイブの一つ一つまで詳しく載ってあるので、読み応えはバッチリです。製作過程なども載ってあり、SIRENファンには欠かせない本ですね。
でも最後の漫画はあまり必要ないと思います。というか、個人的に『グロすぎ』でした。
この本を買ってすぐ、友達と近くのファミレスで軽く食事をしながら読んでいたのですが、この漫画を読んだ後は食べる気が失せましたね(笑)
本当なら星5つですが、漫画のことで1つ星をひかせていただきました。
でもSIRENファンなら買って損はないと思います。

裏事情も垣間見れます♪ 2005-07-29
私はクリアしてから購入したのですが、それでも
十分に面白い一冊でした。こちらは攻略本の要素
というより撮影現場だとか撮影までのアレコレなどが、
書かれているのでタイトル通り「マニアックス」です。
キャラクターの素材となった役者さん達の写真も
ホンノ少し紹介されていたり、キャラクターの衣装、
それも役者さんが本当に着たものも掲載されていたりと、
マニアにはたまらねぇ品物です。
ただ、牧野・宮田役の満田伸明さんが載っていなかったのが
残念でした。須田役の篠田光亮さんは載ってます。
本書の終わりの方では、ネットで掲載された羽生蛇異聞が
最終話まで収録されていたり、「磨声」という本編には
あまり関係のない漫画が収録されていたり、読み応え
ばっちりです。
他にも謎な事が解説されていたり、まあ色々良い要素が
ありました。買って損はない一冊です。
これはもうゴリ押ししちゃいたいです...


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 六津 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 攻略本1-10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする